成長ホルモンNAVI - 正しい摂取法から副作用まで

 

あなたは、成長ホルモンについて何かご存知ですか?子供の成育に欠かせないものである事は、ほとんどの方が知っている事だと思います。簡単に言うと、その名の通り子供から大人へとカラダの生育を促進するためのものですね。背丈を伸ばしたり筋肉を作るだけでなく、その他にももたらしてくれる働きがあると最近話題を集めています。

 

10代をピークに生成される成長ホルモンは、睡眠時間帯や筋トレなど運動している時間に多く作られています。ですが、20代30代と年齢を重ねるにつれ徐々に量が減少していき、この減少が最近では老化の要因の一つと考えられるようになっています。加齢による筋力の衰えや肌のハリのなさ、若い頃と比べ疲労回復が遅いと感じる老化現象と深い関わりがあるという事ですね。

 

老化現象との深い関わり、これを言い換えると成長ホルモンの量を増加させたりサプリや食事等で補う事で、あらゆる老化現象を防止できるという事なんです。という事で、最近ではアンチエイジングやダイエット、筋力アップ等にも大いに役立つとされ注目を集めています。今までは低身長症の治療に用いられるものでしたが、子供だけでなく大人にも重要な役割を持つものであるという事が言えますね。

 

そこで、こちらではそんな素晴らしい働きを持つ成長ホルモンについて、増やす方法から食事やサプリによる正しい摂り方、お勧めのサプリや気になる副作用などなど詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さい。若返りや美肌作用、育毛やバストアップ、体重減少などが期待できるようなので、年齢や男女を問わず要チェックですよ。

 

さて、成長ホルモンは睡眠時間や筋トレなどの運動している時間など、一定時間体内で作られるものだとお伝えしました。よく「寝る子は育つ」というのはそのためですね。ですが、ただ単に睡眠時間をとっていれば良いわけではなく、睡眠の質や睡眠時間帯が大きく関係しているんです。それは、午後10時〜2時の間の睡眠時間帯に多く生成されるからなんです。

 

よって、まずは毎日その時間帯を挟む7時間以上の十分な睡眠が重要になります。睡眠時間を取るだけで良いなんて簡単ですね。ですが、睡眠だけで増える量はまだ少ないんです。そこでどうするかというと、成長ホルモンの出を促す成分を含む食品の摂取やサプリの活用が有効的になります。その成分はアルギニンとオルニチンです。

 

アルギニンは、肉や魚、豆類や乳製品など多くの食品に含まれるので積極的に摂る事が出来ます。最近では、サプリも数多く販売されるようになり、いつでもどこでも手軽に摂れるサプリに人気が集まっています。こちらでは、そのサプリの中でもお勧めのサプリとその口コミを掲載しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

ただし、サプリの服用には注意が必要です。様々な効果を得ようと大量に摂ると副作用が表れる可能性が高いので、きちんと用量を守って服用して下さい。副作用が心配な方は、医療機関や薬剤師への相談をお勧めします。また、筋トレによって成長ホルモンは増えますが、筋トレのやり方や筋トレの時間によっても生成量が異なってくるので、事前に有効的な筋トレ方法を調べておきましょう。それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

成長ホルモンとは?


成長ホルモンとは、脳下垂体前葉で生成されるホルモンの1つです。

 

身長を伸ばしたり筋肉を作るなどの効能があるもので、近年ではアンチエイジング効果があるとして注目を集めています。

もともと人間の身体を作る上で欠かせないものなので、10代の発育期に分泌量がピークに達した後減少していきます。

 

40代では、ピーク時の半分程度しかなくなると言われています。

 

そんな事から、成長ホルモンの現象が老化を引き起こす1つの要因になっていると考えられるようになったんですね。

 

逆を考えれば、年をとっても分泌を促すことができれば老化を止められるという事になるので、そこからアンチエイジング作用が期待できるというわけです。

 

それだけでなく、スポーツ選手などが筋肉をつけたり骨を強くしたりするのにも使用されるようになっています。

 

それは、発育期にこのホルモンが大量に出されて、急に背が伸びたり筋肉がついて身体が大きくなったりするのと同じことを再現できるというわけです。

 

要するに、人間の身体の成長促進作用と代謝の調節作用があるというわけですね。

 

という事で、出る量が減少していくと筋肉や骨が衰えてきたり、若い頃より疲労回復が遅れたり、肌に張りがなくなってきたりといったことが起きるようになります。

 

同様に、子供の発育期にもきちんと正常に生成されないと、発育が遅れたりといった問題が生じてしまいます。

 

よって、そのための治療法としても重要な役割を果たすものとなっています。

 

効果について


成長ホルモンが持っている効果とは、その名前のとおり身体の発育を促すことが最も重要な役割だと言えます。

 

特に発達段階の子供には欠かせないもので、実際に年代別の分泌量を比べてみると10代が1番多くなっています。

それには、やはり身長が伸びたり筋肉が作られたり、骨が丈夫になったりといったことに成長ホルモンが多く使われるからだと言えるでしょう。

 

また、そういったことからスポーツ選手などが筋トレ等で身体を鍛えるのにも大きな役割があると言われています。

 

無酸素運動と組み合わせることで、通常の筋トレ以上の成果を上げることが可能なんです。

 

成長ホルモンによって厚い筋肉を手に入れ、低い体脂肪率を実現することができるので、その働きは絶大だと言えますね。

 

しかし、外部からの摂り入れによる筋肉の増強は、オリンピックなどの規定ではドーピングに該当することを知っておきましょう。

 

ちなみに、その脂肪燃焼性を効果的に活用できるのがダイエットです。

 

基礎代謝を向上させて脂肪を燃やすことができるようになるので、女性の方などには人気の高いダイエット法ですね。

 

特にスポーツ選手と同じような無酸素運動から、有酸素運動を続けて行うような筋トレ方法がダイエットにも適していると言われています。

 

また、アンチエイジング効果も見逃せませんね。

 

成長ホルモンが減少することで起こる肌の衰えやしわ、筋肉や骨が弱くなるといったことを、分泌を促進することで防ぐことができるんです。