成長ホルモンNAVI - 正しい摂取法から副作用までTOP > 基礎知識@ > 分泌される時間帯

分泌される時間帯

 

成長ホルモンというのは、分泌されるのに一定のタイミングがあります。

 

そのポイントを上手く利用することで、効果的に成長を促すことができると言われています。

そのタイミングとは、基本的には睡眠中と運動後に分泌されると考えられています。

 

睡眠中の分泌に関しては、規則正しい生活を送っていれば毎日定期的に分泌されるものだと考えていいでしょう。

 

よく言われているのが夜10時から深夜の2時までの間ですが、これには個人差があります。

 

もう少し具体的に言うなら、ノンレム睡眠時に分泌量が多くなることが分かっています。

 

だいたい睡眠状態に入ってから30分後くらいからが、ノンレム睡眠の状態だと考えられていて、その後の3時間くらいに成長ホルモンが分泌される時間帯があるようです。

 

ただし、ノンレム睡眠は深い眠りの状態のことを指すので、眠りの浅いレム睡眠だけではあまり効果的な分泌は期待できないことが考えられています。

 

そして、もう一方の運動後についてですが、運動などによって筋肉に負荷がかかると、それを修復しようとするために成長ホルモンの分泌が促されることが分かっています。

 

それには、筋肉などに疲労物質である乳酸が溜まることが条件になります。

 

乳酸が溜まることによって分泌が促されるので、ウェイトトレーニングのような無酸素運動が効果的だと言われています。

 

そして、運動後にはしばらく分泌される時間帯があるので、その間にしっかりと休息をとることが大切だと言えますね。

 

基礎知識@記事一覧

分泌される時間帯

成長ホルモンというのは、分泌されるのに一定のタイミングがあります。そのポイントを上手く利用することで、効果的に成長を促すことができると言われています。そのタイミング...

低身長との関連

子供の成長期に正しく成長ホルモンの分泌がされないと、発育が遅れてしまうことがあります。特に身長が伸びるといったことには、大きな影響があると考えられています。もともと...

分泌不全症とは?

成長ホルモン分泌不全症とは、脳下垂体から正常な量の成長ホルモンが分泌されない病気です。主な症状としては低身長が挙げられています。単純に背が低いというだけでなく分泌量...

筋トレで増加する?

成長ホルモンの分泌を促す為には、筋トレなどの無酸素運動をすることが効果的だと言われています。もともと成長ホルモンは、身体の組織を生成するのに欠かせない物質ですが、その働きに...