成長ホルモンNAVI - 正しい摂取法から副作用までTOP > 基礎知識@ > 低身長との関連

低身長との関連

 

子供の成長期に正しく成長ホルモンの分泌がされないと、発育が遅れてしまうことがあります。

 

特に身長が伸びるといったことには、大きな影響があると考えられています。

もともとは脳下垂体で生成される物質ですが、肝臓に働きかけることによって、骨を伸ばすためのソマトメジンCという別の成長ホルモンの生成を促します。

 

この物質によって骨が伸びていき、身長が大きくなっていくというわけです。

 

なので、成長ホルモンの分泌量や身長が伸びるための分泌期間を増やすことができれば、その分背が高くなるというわけですね。

 

逆に分泌量が少ない場合には、背があまり伸びなくなってしまい、それがひどい場合には外部摂取による治療が必要となります。

 

ちなみに、サッカーのアルゼンチン代表のスター選手が、子供の頃にやはり成長ホルモンの分泌不全によって治療を受けていたことが知られています。

 

俗に、身長を伸ばすにはカルシウムや牛乳が効くとされていますが、正確に言うとそれは間違った迷信だと言えますね。

 

確かに魚肉や乳酸菌には、成長ホルモンの分泌を促すアミノ酸が含まれています。

 

よって、間接的には大きく間違っている方法ではないんですが、カルシウムや牛乳そのものによって背が高くなるわけではないという事です。

 

それよりも、アルギニンやオルニチンというアミノ酸を多く含んだ食材を食べるようにした方が効果があると言えるでしょう。

 

そういった食事とともに、何よりも規則正しい睡眠が背を伸ばす為には大切になりますね。

 

基礎知識@記事一覧

分泌される時間帯

成長ホルモンというのは、分泌されるのに一定のタイミングがあります。そのポイントを上手く利用することで、効果的に成長を促すことができると言われています。そのタイミング...

低身長との関連

子供の成長期に正しく成長ホルモンの分泌がされないと、発育が遅れてしまうことがあります。特に身長が伸びるといったことには、大きな影響があると考えられています。もともと...

分泌不全症とは?

成長ホルモン分泌不全症とは、脳下垂体から正常な量の成長ホルモンが分泌されない病気です。主な症状としては低身長が挙げられています。単純に背が低いというだけでなく分泌量...

筋トレで増加する?

成長ホルモンの分泌を促す為には、筋トレなどの無酸素運動をすることが効果的だと言われています。もともと成長ホルモンは、身体の組織を生成するのに欠かせない物質ですが、その働きに...