成長ホルモンNAVI - 正しい摂取法から副作用までTOP > 基礎知識A > ダイエットとのつながり

ダイエットとのつながり

 

成長ホルモンをダイエットに取り入れることで、効果的に痩せることが可能になることが知られています。

 

それは、成長ホルモンに脂肪を分解する働きがあることで可能になります。

そもそも年齢とともに太りやすくなったという人は、基礎代謝量が低下していることが原因だと考えていいでしょう。

 

基礎代謝とは、何もしなくても普段の生活の中でエネルギーを消費してくれることで、この量が減ってしまうと、同じだけ食事からエネルギーを摂取していたのならば太ってしまうのは当然です。

 

基本的にこの基礎代謝量は、10代を目安に減少していくことが分かっています。

 

それは、成長ホルモンの減少とも重なっていますね。

 

成長ホルモンは身体の生成などを促す効果があって、そのために成長期にはエネルギーを消費する量が多いというわけです。

 

そこで、年齢によって基礎代謝量が落ちてしまっても、成長ホルモンを摂取することで太りにくい状態を作ることが可能なんですね。

 

ただし、摂取したからといっても、何もせずに基礎代謝に任せるといった方法では効果はありませんよ。

 

やはり適度な運動を行って、脂肪を燃焼させやすい環境をつくるのが重要になります。

 

体型を維持するのではなく、ダイエットで痩せたいと考えているのであれば、成長ホルモンを摂取した上でさらに代謝と脂肪の燃焼を促すために、無酸素運動と有酸素運動を効果的に組み合わせたメニューをこなすのが良いですね。

 

そのことで、エネルギーを消費して脂肪を筋肉に変えることが可能になるわけです。

 

基礎知識A記事一覧

ダイエットとのつながり

成長ホルモンをダイエットに取り入れることで、効果的に痩せることが可能になることが知られています。それは、成長ホルモンに脂肪を分解する働きがあることで可能になります。...

加圧トレーニングとのつながり

成長ホルモンを多く分泌して、効果的に筋力をつける方法として考えられているのが加圧トレーニングです。加圧トレーニングとは、文字どおり身体に圧力を加えた状態でトレーニングを行う...

分泌量の検査について

成長ホルモンが正常に分泌されているかを調べる検査があります。普通に成長している子供ならば特に問題はないですが、発育が遅かったり背が周りの子供に比べて極端に低かったりといった...