成長ホルモンNAVI - 正しい摂取法から副作用までTOP > 基礎知識A > 分泌量の検査について

分泌量の検査について

 

成長ホルモンが正常に分泌されているかを調べる検査があります。

 

普通に成長している子供ならば特に問題はないですが、発育が遅かったり背が周りの子供に比べて極端に低かったりといった場合には、専門的な検査を受けた方が良いケースもあります。

その結果で必要な治療を受けることが可能になるからです。

 

その検査方法は、尿検査と刺激試験の2つがあります。

 

まず尿検査についてですが、睡眠中に成長ホルモンが分泌されることが分かっているので、起床後の最初の排尿の中に含まれている濃度を調べることが重要になります。

 

ただし、毎日の分泌量はその日の運動量や食事などにも影響を受けるので、1日だけの尿検査ですべて分かるわけではありません。

 

そこで、成長ホルモン分泌刺激試験と呼ばれる検査を方法を行います。

 

この方法は、分泌を促す薬を投与して一定時間ごとの血液中の濃度を調べることで、正常な分泌が促されているかを調べるものです。

 

その結果を見ながら、CTスキャンで脳下垂体の状態を調べたりといった検査を受ける必要も出てきますね。

 

ですが、この検査で異常が見つからなかった場合には、普段の生活に問題があることが多いと考えていいでしょう。

 

例えば、夜更かしをして睡眠時間が十分に取れていなかったり、運動不足であったり食生活に問題があったりするケースです。

 

特に睡眠時間は、子供の成長に大きく影響を与えるものなので注意が必要です。

 

小学生ならば10時間以上、10代の間は8〜9時間の睡眠が必要になります。

 

基礎知識A記事一覧

ダイエットとのつながり

成長ホルモンをダイエットに取り入れることで、効果的に痩せることが可能になることが知られています。それは、成長ホルモンに脂肪を分解する働きがあることで可能になります。...

加圧トレーニングとのつながり

成長ホルモンを多く分泌して、効果的に筋力をつける方法として考えられているのが加圧トレーニングです。加圧トレーニングとは、文字どおり身体に圧力を加えた状態でトレーニングを行う...

分泌量の検査について

成長ホルモンが正常に分泌されているかを調べる検査があります。普通に成長している子供ならば特に問題はないですが、発育が遅かったり背が周りの子供に比べて極端に低かったりといった...