成長ホルモンNAVI - 正しい摂取法から副作用までTOP > 働きと性質 > 睡眠との関係

睡眠との関係

 

寝る子は育つと言いますが、この言葉には成長ホルモンが大きく関わっているという事をご存知ですか?

 

人間の身体は、昼間に縦になって行動している時は、骨は圧力を受けている状態になっています。

しかし、夜になって横たわることで骨が圧力から解放された状態になるので、骨の成長が促されるようになります。

 

その寝ている時間帯に合わせて身体から成長ホルモンが分泌されるので、睡眠中に活発な成長が促されるというわけなんですね。

 

基本的に日中の分泌量は、運動後以外はほとんどないとされているので、夜寝ている間の時間こそ人間が成長する時間だと言えます。

 

そして、スキンケアなどの話題でよく言われているのが、夜の10時から深夜2時までの間に肌を休ませると良いという話ですが、この話についても実際にその時間内における成長ホルモンの分泌量が1番多いことを考えれば、理にかなった話という事になりますね。

 

また、睡眠時間そのものについても年齢相応にきちんと取るべきだとも言われています。

 

例えば、小学生くらいまでなら1日10時間の睡眠が正しい成長を促すのには必要だとされていて、大人になってからでも1日7時間は眠っておきたいところです。

 

成長ホルモンの分泌が身体の代謝をコントロールしているので、そのバランスが崩れることで自律神経系にも影響を与えて、精神面にも良くないことが分かっています。

 

なので、冒頭の「寝る子は育つ」の言葉通りきちんとした睡眠を取ることが、健康な心と身体を維持し、成長させていくのには大切だということですね。

 

働きと性質記事一覧

睡眠との関係

寝る子は育つと言いますが、この言葉には成長ホルモンが大きく関わっているという事をご存知ですか?人間の身体は、昼間に縦になって行動している時は、骨は圧力を受けている状態になっ...

運動との関係

成長ホルモンの働きは、身体の組織を生成する為に役立つことにあります。という事で、分泌量を増やすことができれば、身長を伸ばしたり筋肉をつけたりといったように、身体を大きくする...

食事との関係

成長ホルモンは、睡眠中や運動などによって分泌されるものですが、食事によっても分泌量に影響があることが分かっています。もちろんバランスの良い食事や規則正しい食生活を送ることが...