成長ホルモンNAVI - 正しい摂取法から副作用までTOP > 働きと性質 > 運動との関係

運動との関係

 

成長ホルモンの働きは、身体の組織を生成する為に役立つことにあります。

 

という事で、分泌量を増やすことができれば、身長を伸ばしたり筋肉をつけたりといったように、身体を大きくすることができるわけです。

その分泌量を増やす為には、まずはよく寝ること、そして運動をして身体を動かすことが大切だと言われています。

 

寝るというのは、睡眠中に成長ホルモンが分泌される事で成長を促せることから重要視されていて、運動をすることも分泌量を増やすことができる要因となっています。

 

特に、無酸素運動と有酸素運動を続けて行うと効果が高いと言われていますね。

 

それは、無酸素運動によって乳酸が蓄積されることが、成長ホルモンの分泌を促すからです。

 

乳酸を作り出す無酸素運動とは、簡単に言ってしまうと筋トレなどのことです。

 

身体に瞬間的な負荷をかけることで、乳酸が多く生成されていきます。

 

そして、十分に成長ホルモンの分泌が促されてから、今度は有酸素運動を行います。

 

有酸素運動とは、水泳やマラソンのようなものですね。

 

こういった運動の場合は乳酸は溜まりにくく、逆に脂肪を燃焼することができるんです。

 

ですから、無酸素運動で筋肉の生成を促す成長ホルモンの分泌を促してから、有酸素運動で脂肪を燃焼させるとともに筋肉に適度な負荷を加えることが効果的だと考えられるのです。

 

このような方法は、スポーツ選手のトレーニングに限らず、脂肪を燃やしてスリムになるダイエット方法としても注目を集めている考え方と同じですね。

 

働きと性質記事一覧

睡眠との関係

寝る子は育つと言いますが、この言葉には成長ホルモンが大きく関わっているという事をご存知ですか?人間の身体は、昼間に縦になって行動している時は、骨は圧力を受けている状態になっ...

運動との関係

成長ホルモンの働きは、身体の組織を生成する為に役立つことにあります。という事で、分泌量を増やすことができれば、身長を伸ばしたり筋肉をつけたりといったように、身体を大きくする...

食事との関係

成長ホルモンは、睡眠中や運動などによって分泌されるものですが、食事によっても分泌量に影響があることが分かっています。もちろんバランスの良い食事や規則正しい食生活を送ることが...