成長ホルモンNAVI - 正しい摂取法から副作用までTOP > 働きと性質 > 食事との関係

食事との関係

 

成長ホルモンは、睡眠中や運動などによって分泌されるものですが、食事によっても分泌量に影響があることが分かっています。

 

もちろんバランスの良い食事や規則正しい食生活を送ることが、人間の成長には必要不可欠ですが、意識して成長ホルモンの分泌量を増やすことも可能だと言われています。

それには、アミノ酸のアルギニンという栄養素が重要になってきます。

 

このアルギニンを多く含んだ食材を摂取することで、分泌量を増やすことができるというわけです。

 

アルギニンを含む食べ物としては、鮭やニシンといった魚肉が有名ですね。

 

他にゴマなどにも多く含まれていて、卵や乳製品も良いとされています。

 

これらの食材をバランスよく使った献立を毎日続けることが大切になります。

 

そして、食事に関して別のポイントを挙げるとすれば、お腹が空いてから食事を摂るという事です。

 

これはあたり前のことのように聞こえるかもしれませんが、実はここにも大切な要素が隠れているんですよ。

 

それは、お腹が空いているという状態を、胃の中が空っぽであると言い換えると分かりやすくなるかもしれませんね。

 

つまり胃の中に何もない状態であることがポイントなんです。

 

その状態で食べ物を摂取すると、胃壁が刺激されてグレリンという物質が分泌されます。

 

このグレリンは脳下垂体を刺激して、成長ホルモンの分布を促進する働きがあるものです。

 

この事から、食事はお腹が減ってから食べるようにすることが重要なポイントだと考えられますね。

 

働きと性質記事一覧

睡眠との関係

寝る子は育つと言いますが、この言葉には成長ホルモンが大きく関わっているという事をご存知ですか?人間の身体は、昼間に縦になって行動している時は、骨は圧力を受けている状態になっ...

運動との関係

成長ホルモンの働きは、身体の組織を生成する為に役立つことにあります。という事で、分泌量を増やすことができれば、身長を伸ばしたり筋肉をつけたりといったように、身体を大きくする...

食事との関係

成長ホルモンは、睡眠中や運動などによって分泌されるものですが、食事によっても分泌量に影響があることが分かっています。もちろんバランスの良い食事や規則正しい食生活を送ることが...