成長ホルモンNAVI - 正しい摂取法から副作用までTOP > 治療・改善法など > 注射療法について

注射療法について

 

成長ホルモンの分泌量が少ない低身長になってしまうのを防ぐ方法としては、注射による投与によって量を補う治療をとることがあります。

 

特に、子供の成長期においては成長ホルモンが大きな役割を果たすので、その分泌量が少ないと、背が伸びないことの他にもいろいろと問題が生じてしまうことがあります。

そこで、子供の正常な発育を促すために注射による治療を行うというわけですね。

 

そんな注射による成長ホルモンの投与は、長期間毎日しなければいけない治療になります。

 

そのため、肉体的にも経済的にもその負担は大きいものですが、注射に変わる方法があまりないというのが現状なんです。

 

サプリメントなどで分泌を促す方法もありますが、体内で消化されてしまって効果的に成長ホルモンが働かないケースも考えられます。

 

よって、皮下注射によって体内に取り込むことが1番効果的だと考えられています。

 

この皮下注射は、アンチエイジング治療にも取り入れられているもので、シワやたるみを抑えるために皮下組織の水分が保持されている必要があるんですが、皮下注射を行うことでアンチエイジング効果が期待できるというわけなんですね。

 

こういった美容用のものでなくても、前述の子供の治療用に作られた注射器では毎日の投与が必要になることから、自宅でできるように投与量をダイヤルで設定できるものが使用されています。

 

医師の指導を受けた後は、毎晩就寝前に太ももに注射を打つことが必要になってきます。

 

治療・改善法など記事一覧

注射療法について

成長ホルモンの分泌量が少ない低身長になってしまうのを防ぐ方法としては、注射による投与によって量を補う治療をとることがあります。特に、子供の成長期においては成長ホルモンが大き...

摂取による副作用とは?

成長ホルモンを摂取する治療法を考えているのなら、当然副作用についても知っておかなければいけませんよね。正しい治療方法を続けているなら、その安全性は高いものだと言われています...

生成を促す成分とは?

成長ホルモンの分泌量を増やす為には、いくつかの方法があります。その中でもアルギニンとオルニチンを摂取することによって、成長ホルモンの分泌を促すことができるということが知られ...

生成を促すツボとは?

身長を伸ばしたり筋肉をつけたりするのには、成長ホルモンの働きが重要になります。そこで、運動をしたり食事を改善したりして、どうにかして分泌量を増やそうと努力している人もいるは...