成長ホルモンNAVI - 正しい摂取法から副作用までTOP > 治療・改善法など > 摂取による副作用とは?

摂取による副作用とは?

 

成長ホルモンを摂取する治療法を考えているのなら、当然副作用についても知っておかなければいけませんよね。

 

正しい治療方法を続けているなら、その安全性は高いものだと言われていますが、人によっては副作用が生じることもあります。

それは、投与開始の初期段階において一時的に頭痛や発疹が見られるケースがあります。

 

ですが、それはすぐに治るものなので心配はあまりないと言えるでしょう。

 

また、肝機能障害を起こして尿に潜血が混じるケースもあるとされていますが、ごく軽度のものなのでそのまま投与を続けても問題がないとされています。

 

その他、何らかの症状が副作用として現れるリスクとしては、ごくまれに糖尿病やペルテス病を引き起こす可能性もあるとされていますが、その可能性は極めて低いと考えていいでしょう。

 

そして、投与を終了した直後から肥満傾向になってしまうケースもありますが、それは基礎代謝量が急に落ちることが原因だと考えられていて、治療中から運動などを心がけることで予防することが可能です。

 

そして、成長ホルモンの摂取で注意しなければいけないのが、過剰摂取による副作用です。

 

医師などの診断を受け、注射による治療を続けているのであれば問題はないですが、自分で購入したりサプリメントなどによって摂取する場合には、その量に注意しなければいけませんね。

 

過剰に摂取することで、耳や顎、手や足などが肥大してしまうという末端肥大症などを引き起こすことがあるからです。

 

そのため、出来るなら成長ホルモンは、サプリメントによる摂取であれ医師の指導を受けながらするようにした方がいいでしょう。

 

治療・改善法など記事一覧

注射療法について

成長ホルモンの分泌量が少ない低身長になってしまうのを防ぐ方法としては、注射による投与によって量を補う治療をとることがあります。特に、子供の成長期においては成長ホルモンが大き...

摂取による副作用とは?

成長ホルモンを摂取する治療法を考えているのなら、当然副作用についても知っておかなければいけませんよね。正しい治療方法を続けているなら、その安全性は高いものだと言われています...

生成を促す成分とは?

成長ホルモンの分泌量を増やす為には、いくつかの方法があります。その中でもアルギニンとオルニチンを摂取することによって、成長ホルモンの分泌を促すことができるということが知られ...

生成を促すツボとは?

身長を伸ばしたり筋肉をつけたりするのには、成長ホルモンの働きが重要になります。そこで、運動をしたり食事を改善したりして、どうにかして分泌量を増やそうと努力している人もいるは...