成長ホルモンNAVI - 正しい摂取法から副作用までTOP > 治療・改善法など > 生成を促す成分とは?

生成を促す成分とは?

 

成長ホルモンの分泌量を増やす為には、いくつかの方法があります。

 

その中でもアルギニンとオルニチンを摂取することによって、成長ホルモンの分泌を促すことができるということが知られています。

基本的にこれらは寝ている間に分泌されるものなので、きちんと睡眠時間をとることが身体に良いと言われています。

 

そして、運動をして筋肉に負荷をかけることでも分泌を促し、筋組織の生成をすることができると言われています。

 

また、分泌が上手く促されない症状がある場合は、外部から摂取する方法があります。

 

注射などによる本格的な治療方法もありますが、サプリメントで分泌量を増やす方法もありますね。

 

他にも、食事などによって分泌を促す栄養素を取り込むという方法も効果があると思います。

 

その時に重要になってくるのがアルギニンとオルニチンです。

 

アルギニンは魚や肉、ゴマなどの豆類、乳製品などに多く含まれていることが知られています。

 

それらを積極的に摂取することも大切ですが、サプリメントとして経口摂取することも可能です。

 

ただし、成長ホルモンをそのまま摂取する場合には、サプリメントの状態だと胃や腸で消化させられることが多く、効果的な摂取ができません。

 

そこで皮下注射が必要になるというわけです。

 

その点、アルギニンやオルニチンのサプリメントを摂取することは、成長ホルモンの分泌を促すことができるものです。

 

なで、自分の体内で成長ホルモンを生成することができるという事で効果も高く、安全性も高いと言えますね。

 

もちろんサプリメントであれ過剰な摂取にはリスクがあるので、使用量を守って摂取することが大切になります。

 

治療・改善法など記事一覧

注射療法について

成長ホルモンの分泌量が少ない低身長になってしまうのを防ぐ方法としては、注射による投与によって量を補う治療をとることがあります。特に、子供の成長期においては成長ホルモンが大き...

摂取による副作用とは?

成長ホルモンを摂取する治療法を考えているのなら、当然副作用についても知っておかなければいけませんよね。正しい治療方法を続けているなら、その安全性は高いものだと言われています...

生成を促す成分とは?

成長ホルモンの分泌量を増やす為には、いくつかの方法があります。その中でもアルギニンとオルニチンを摂取することによって、成長ホルモンの分泌を促すことができるということが知られ...

生成を促すツボとは?

身長を伸ばしたり筋肉をつけたりするのには、成長ホルモンの働きが重要になります。そこで、運動をしたり食事を改善したりして、どうにかして分泌量を増やそうと努力している人もいるは...