住宅ローン金利が気になったら調べてみよう!

住宅ローンをいざ借りる時気になるのが金利ですよね。
ローン金利はだいたい大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。
あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行側から薦めなどはありません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。
といった事はなく、公平な審査の元で行われます。
固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。
長年の夢だったマイホームを目指してフラット35などの長期固定金利住宅ローンを組んだのに、金融機関の審査で落ちた方は少なくないのです。
どうしても理由が分らないという方は確認しましょう。
まずは、年収が400万円未満である方は要注意です。
それから勤続年数が3年以上であるか、健康状態もみられます。
また一度でもクレジットカードなどの返済を怠ったりすると、仮審査に通っても本審査は難しい場合が多いかも・・。
もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いもきちんと支払いをしているか確認してみて下さい。
審査基準を事前に把握しておくと安心ですね。
家の購入で初めに思う事は資金をどう集めるか、という事ではないでしょうか。
多くの方は、銀行などから住宅ローンを申し込みすると思います。
申し込みの際には、一番年収がある人の名前での申請になります。
支払が生じる期間は人によっては35年もありますので銀行側も申請者に何かあった場合の保険として団体信用生命保険の申請も同時にさせられます。
これは、申請者に何かあって支払が滞ってしまう事になった場合残りのローンが0円になる。
といった、家族にもメリットが高い保険です。
住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。
住宅ローンは最長35年という途方もなく長い期間の返済になりますので、審査は大変厳しく厳重に行われます。
審査の結果は約1週間前後で電話もしくは口頭で伝えられます。
審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。
そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。
契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。
諸費用は借りる額によって人それぞれですが、事前に銀行側から指示されます。
だいたい、数十万単位?数百万単位の金額が一般的の様です。

住宅ローン金利ランキングを活用!損しない方法は?【金利一覧で選ぶ!】